軽いニキビブログ

2021.08.01

混合油性肌の四季ライフ

一年中、肌の悩みは尽きません。

春は春で、花粉の刺激で肌荒れがひどくなる時があり、花粉アレルギーのくしゃみや鼻水と同じくらい、見た目に変化があるので、春のうららかな陽気と裏腹に、外出のモチベーションが上がりません。

特に花粉だけでなく、黄砂やPM2.5の襲来には頭を悩まされます。マスクで防げる部分は限られていますし、衣服についたものを含めたら、かなりの刺激になると思います。

やっと春の憂鬱なシーズンが終わったかと思うと、やってくるのは梅雨のベタベタシーズン。

肌が健康な時は何とも感じないのですが、女性特有のバイオリズムや、ストレスなどで肌の状態に揺らぎがある時、あの湿度の高い環境で、ねっとり汗をかくと、肌がピリピリ痒くなります。

夏くらい思い切り発汗してくれた方が、そう言った刺激がまだ少ないような気も。毛穴のケアは、ポラッシュでしっかりできているのでOKなのですが。

夏はイベントがいろいろあって個人的には大好きなシーズンなのですが、となると紫外線や日差しの強い中での外出は必須です。

もちろん、人並みの紫外線ケアはしますが、夏真っ最中の肌って、シミらしき群体が浮いてきている気がしてなりません。

並行してビタミンCなど内側からのケアもしないとなぁとは思いますが、日焼け後に飲んだり、事前に飲む日焼け止めみたいな対応はしますが、美白には一番良くない時季です。


そして秋。

そうすぐに弱くならない紫外線。重ねて、イネ科のアレルギーがやってきます。

夏の疲れ肌プラスのアレルギー肌荒れはまた春のものとは違います。

一番、晩秋くらいが平均すると、肌の状態が安定しているでしょうか。


そして、程なくして冬。

乾燥で深まる目尻のシワ。四季があって豊かな日本は良いですが、一年を通して、様々な肌ストレスと闘っている日々です。

2021.07.29

ワセリンで十分!20代の軽いニキビの治し方

20代の方で一度は顔のニキビで悩んだことがあるのではないでしょうか。私もあります。



私は顔のケアに気を配り始めてからしばらくたったころ、急にニキビが額に増え始め、気が付いたら細かいニキビが額を覆いつくしていました。今考えてもぞっとしますね。



ですが、ニキビは悪化する前なら意外と簡単に抑えることができるんですよ。



今回はそんなニキビ肌の治し方についてご紹介する記事です。





20代の軽いニキビの治し方





ニキビの原因



ニキビは肌荒れの一種です。なので肌荒れを抑えるための方法が理解できれば、軽いニキビは簡単に直すことができます。小さなニキビでも放置していればそれが後々に数倍になって帰ってくるので、早めに退治するに越したことはありません。



で、肌荒れの原因とは簡単に言えば、「皮膚の汚れがたまっていてさらに保護(保湿)が足りない状態」だと私は考えています。



毎日の洗顔をおろそかにしていると顔の皮膚に汚れがたまりますし、洗顔をしていてもそのあとにちゃんと保湿を行わなければ全然肌荒れをおこします。



言ってしまえば、「洗顔」と「保湿」がスキンケアの一番下の土台となる部分になります。ですのでそこをおざなりにするといくら対策を打ったとしてもニキビは治りません。





洗顔のやり方



洗顔は正直なんでもいいです。でもなるべく無駄な成分の入っていないものがいいですね。私は昔はブランドのものを使っていましたが、現在はただの石?で洗顔しています。



お肌に合う合わないがあるので一概にこれがいいとは言えないのですが、お肌に異常をきたさないのであればただの石鹸でも大丈夫です。もちろん今あなたが使っているお気に入りの洗顔フォームでも全然問題ありません。





保湿のやり方



さて、ここが一番大事なポイントなのでしっかりついてきてくださいね。



多くの人は保湿に一番お金をかけているような気がします。クリームだったり乳液だったり化粧水だったり、いろんなものを使って保湿していますよね。



しかしその半分以上は意味がないです。理由は2つあります。



1つめは、肌を通過する成分は思ったより少ないから



2つめは、水分は多くの場合すぐに飛んで行ってしまう からです。



ですのでこの二つの条件を満たさないものが肌の保湿に適しているということになります。それは、油分です。



クリームは確かに油分ですが、肌を通過しない余計な成分が多分に含まれていることが多いです。みなさんあまりお金は使いたくないですよね。もちろん自分が好きでやっているのであればそれはそれでいいのですが、なるべくコスパよく済ませるのが一番スマートなやり方ではないでしょうか。



だからこそのワセリンなのです。ワセリンじゃなくても肌に塗れる油分であればなんでもいいんですが、ワセリンは副作用がなくて値段が安くてきちんとしたものを買えば品質も保証されるので、最高のコスパクリームというわけです。





ワセリンの使い方



使い方は洗顔後に薄ーく塗りたくるだけです。ここで注意してほしいのが、想像以上に薄く塗って大丈夫です。塗りすぎると逆に肌がかゆくなったりするので、そこは自分のお肌と相談してください。



最初は大目にやりすぎてしまうかもしれません。目安としては、塗り終わった後に肌がてからない程度かつほんのちょっとべたつくくらいがちょうどいいかと思います。



意外と即効性があるので三日くらいしたらニキビが徐々に消えて行っているのがわかるかと思います。そこであまり変わらないようだったらワセリンの量を調節してみたり、洗顔料ややり方を変えてみてください。



まとめ



このように軽いニキビであればだれでも簡単に直せるので、最初は洗顔だけとか保湿だけでもいいので悩んでいる人は始めてみてください。

ブログ内検索

カテゴリーリスト

フィード

Copyright (C) karuinikibi.cloud-line.com All Rights Reserved.